ブックタイトル第114期営業のご報告 ミニディスクロージャー誌 ごうぎんPress

ページ
10/20

このページは 第114期営業の中間ご報告 ミニディスクロージャー誌ごうぎんPress の電子ブックに掲載されている10ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

山陰合同銀行の決算の概要、経営方針、お客さまへの思いをつづった、「ごうぎんPress」です。

地方創生への取り組み~「島根県RESAS普及促進事業」受託~RESASとは?RESASEGIONALCONOMYOCIETYNALYZINGYSTEM当行では、地方創生に積極的に関与し、地域経済の活性化を図るため、様々な取り組みを行っています。特に地方公共団体との連携強化は地方創生のために必要不可欠であり、平成27年4月に設置した「地方創生推進プロジェクトチーム」を中心に積極的に対話を行ってきました。今回はそのなかでも国が運用開始している「地域経済分析システム(RESAS)」に関する取り組み事例をご紹介します。● RESAS(=地域経済分析システム)とは、データに基づき地域におけるヒト・モノ・カネの流れを見える化したシステムです。● 政府では、このシステムを「地方創生」 における『情報支援の柱』と位置づけ、各地方公共団体がデータに基づく効果的な政策決定を行うことができるようシステムの充実を図っています。地域金融機関には、地域経済や産業全体を把握し、企業の課題・ニーズへの対応を通じて、持続的な経済成長・地方創生へ貢献することが求められています。そのようななか、当行では、グループシンクタンクと連携しながら、RESASに関する知見・ノウハウを蓄積し、地域経済の活性化へ貢献していくことを目的に島根県よりRESAS地域振興部普及促進事業を受託いたしました。地域振興グループ長青戸 哲哉経済センサス農林業センサス国勢調査貿易統計など国のデータ民間のデータ帝国データバンクナビタイムジャパンAgoopNTTドコモなどなどRESAS産業シェア他地域比較分布・移動位置づけ■ RESASの全体イメージ地域の・地方の経済・経済活動社会・共同体分析する・解析するシステムごうぎんPRESS 9