ブックタイトル第114期営業のご報告 ミニディスクロージャー誌 ごうぎんPress

ページ
7/16

このページは 第114期営業のご報告 ミニディスクロージャー誌ごうぎんPress の電子ブックに掲載されている7ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

山陰合同銀行の決算の概要、経営方針、お客さまへの思いをつづった、「ごうぎんPress」です。

地域経済分析システム(RESAS)の普及に向けて地方創生RESASセミナー開催講師からのコメント当行では、平成28年度に島根県より「RESAS普及促進事業」を受託し、グループ会社である(株)山陰経済経営研究所とともに、RESASの活用促進に向けた取り組みを行ってきました。その一環として、RESASの開発にも携わった「メディアラグ(株)」「チームラボ(株)」そして「(株)日本政策投資銀行」の国内トップクラスの講師を迎え、「地方創生RESASセミナー」を盛大に開催しました。セミナーでは、RESASの活用事例やRESAS-API機能の紹介、国の最新動向などを山陰地域の自治体職員・民間事業者の皆様へお伝えいただきました。当行は、産官学金労言士※のRESAS活用支援を通じ、地方創生実現へ向けた取り組みを積極的に展開しています。※産業界、行政機関、教育機関、金融機関、労働団体、メディア、税理士・弁護士などの士業「地方創生」という言葉は広まっていますが、捉え方は人それぞれです。受け身ではなく「自分ゴト」として捉え、行動に移していくことの重要性を本セミナーでお伝えしました。島根県は、RESASを利用した“日本初”の業務アプリケーションが誕生し、国からも大きな注目を浴びている地域です。今後、山陰合同銀行のサポートにより、山陰の地から次なるイノベーションが創出されることを心より楽しみにしています。チームラボ(株) カタリスト 床並 展和氏地方創生の課題解決のためには、地域の「健康自己診断」を自治体がしっかり行うべきです。ところが、地域の現状把握が不十分なまま各施策が展開されているのも実情です。これでは、病気の原因がわからないまま治療やリハビリを行うことと等しく、大きな課題と考えます。地域の健康診断にはRESASが便利です。山陰合同銀行はRESASに熟知した金融機関であり、地域データと金融機関のノウハウを活用し、先進的な取り組みにチャレンジしています。メディアラグ(株) クリエイティブディレクター本庄 康併氏主催 株式会社山陰合同銀行地方創生RESASセミナー ■概要地方創生の実現に向けて、官民ともにビッグデータの活用による現状把握・分析・戦略策定が重要となっています。そのような中、地方創生情報支援ツールとして開発された「地域経済分析システム」(通称:RESAS)を、より有効に活用いただくことを目的として「地方創生RESASセミナー」を開催します。RESASは官民のデータが組み込まれた新たなビッグデータプラットフォームです。行政施策立案はもちろん、民間企業の経営戦略を検討するうえでも有効に利用することができます。本セミナーでは、RESAS等ビッグデータを活用した地方創生へのアプローチ方法、全国での取り組み例などについて解説いただきます。㈱日本政策投資銀行松江事務所 所長 竹内直喜 氏■ゲストスピーカーメディアラグ㈱ 代表取締役 藤井雅俊 氏ほか<申込方法>裏面に記載いただきFAXもしくはE-mailでお申し込みください。平成29年 2/【松江会場】 7 14:00~16:00場所 くにびきメッセ501大会議室火(島根県松江市学園南1丁目2番1号)平成29年 2/【浜田会場】 8 13: 30~15: 30場所 いわみーる402研修室水(島根県浜田市野原町1826番地1)6 ごうぎんPRESS