ブックタイトル第114期営業のご報告 ミニディスクロージャー誌 ごうぎんPress

ページ
13/16

このページは 第114期営業のご報告 ミニディスクロージャー誌ごうぎんPress の電子ブックに掲載されている13ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

山陰合同銀行の決算の概要、経営方針、お客さまへの思いをつづった、「ごうぎんPress」です。

森林保全活動10周年これからも私たちは「ふるさとの自然を守る」活動を継続します!鳥取・島根両県の森づくり支援制度を活用し、役職員やその家族による実践的な森林保全活動を年2回実施しています。平成28年10月、森林保全活動開始10周年を記念し、活動エリアをこれまでの4ヵ所から、山陰両県6ヵ所(各県3ヵ所ずつ)に拡充しました。■ 追加エリア:「三朝(鳥取県東伯郡三朝町)」「旭(島根県浜田市旭町)」■ 変更エリア:「大山(鳥取県西伯郡伯耆町)」山陰両県内で活動するボランティア団体やNPO法人等をメンバーとするネットワーク組織です。当行がその事務局を担い、情報交換や交流活動を通じて、活動の輪を広げる取り組みを行っています。平成28年度は、設立10周年記念イベントを開催し、会員間交流、活動の情報発信を行いました。(会員数:53団体)全国の地方銀行64行が連携し、森林保全等に関する情報交換やノウハウの共有化を図ることで、ふるさとの環境保全活動の活性化につなげる取り組みを行っています。鳥取県と三朝町との調印式の様子“千本ダムの里”での活動当行の「森林保全活動」を総称し、新たに『 Gogin Green Project 』という愛称を用いたPRロゴマークを作成しました。活動理念の普及・浸透に向け、効果的な情報発信にも取り組んでまいります。シンボルロゴマーク“10周年記念広報イベント”の様子“10周年記念交流イベント”の様子“石見銀山”集合写真“奥大山”での活動周年ロゴマーク日本の森を守る地方銀行有志の会森林を守ろう!山陰ネットワーク会議ごうぎん希望の森浜田市大田市島根県出雲市鳥取県松江市米子市鳥取市旭(新規追加)石見銀山(活動継続)千本ダムの里(活動継続)大 山(活動地変更)三 朝(新規追加)智 頭(活動継続)倉吉市平成18年度からスタートした「森林保全活動」も、おかげさまで10周年を迎えました。私たちは、「ふるさとの自然を守る」「1人ひとりが、できることをできる範囲で継続する」という理念のもと、これからも地域の皆様と一緒になって、森林を守り育み、次代に伝えていく活動を継続してまいります。12 ごうぎんPRESS