ブックタイトル第114期営業のご報告 ミニディスクロージャー誌 ごうぎんPress

ページ
10/16

このページは 第114期営業のご報告 ミニディスクロージャー誌ごうぎんPress の電子ブックに掲載されている10ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

山陰合同銀行の決算の概要、経営方針、お客さまへの思いをつづった、「ごうぎんPress」です。

低金利環境が続くなか、お客様の資産運用ニーズは高まりをみせています。こうしたニーズにお応えするため、当行ではグループ企業や外部企業との連携を強化し、ワンストップでできる専門性の高いコンサルティング体制の構築を目指しています。ワンランク上の運用コンサルティングをご希望のお客様には、平成27年に開業した連結子会社のごうぎん証券(株)で、銀行では取り扱っていない仕組債、外国投信など多様かつ専門性の高い商品・サービスをご提供しています。ごうぎん証券では、銀行商品だけではニーズに十分にお応えできないお客様を銀行から紹介してもらい、多様な商品・サービスのご提供を行っております。証券会社といいますと、相場を読みながら株・投資信託を積極的に売買するイメージを持たれる方が多いと思いますが、ごうぎん証券では、お客様のライフプランにあわせた資産形成のお手伝いができるよう、中長期的な目線でお客様のお役に立てる商品を中心にご案内させていただいております。そのため、お客様のご預金や運用商品、今後のライフプランについてもしっかりとお聞きし、資産全体のバランスを考えた最適なご提案ができるように、日々心がけています。お客様から「あなたに出会えて良かった」と言われるのが、今一番の喜びです。個人コンサルティング体制の強化また、銀行の営業店には専門知識を持つ「教育専任者」を配置し、個人営業担当者全体のレベルアップを図り、お客様の多様なニーズにお応えできる体制を整えています。さらに、平成29年4月にはほけんの窓口グループ(株)と連携し、山陰両県4ヵ所に「ごうぎん保険プラザ」を開設いたしました。これにより、身近な銀行で安心・便利な保険のご相談をしていただけるようになりました。お客様の豊かな暮らしの実現のために幅広い商品を揃え、それぞれの方に最適な商品・サービスをご提案してまいります。連携強化ごうぎん証券主要店舗に教育専任者を配置(平成29年1月)ごうぎん保険プラザを開設(平成29年4月)山陰合同銀行ワンランク上の運用をご希望のお客様これから運用を始められるお客様ごうぎん証券社員ごうぎん証券(株) 米子支店ファイナンシャル・アドバイザー箕浦 あかねワンストップでできる専門性の高いコンサルティング体制の構築お客様の豊かな暮らしの実現を目指してごうぎん証券の取り組みCOMMENTごうぎんPRESS 9