ブックタイトル第112期営業のご報告 ミニディスクロージャー誌 ごうぎんPress

ページ
7/16

このページは 第113期営業の中間ご報告 ミニディスクロージャー誌ごうぎんPress の電子ブックに掲載されている7ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

山陰合同銀行の決算の概要、経営方針、お客さまへの思いをつづった、「ごうぎんPress」です。

ごうぎんグループをあげて、地方公共団体の「地方創生」の取り組みに積極的に参画し、支援してまいります。●地方創生推進プロジェクトチームの設置●地方創生セミナーの開催地方公共団体提案・協力地方公共団体との連携●地方版総合戦略の策定・推進への積極的関与●PPP・PFIなどのインフラ整備提案●観光振興に向けた支援地方創生推進プロジェクトチーム山陰合同銀行山陰経済経営研究所地方版総合戦略策定への積極的な参画創業・新事業開拓を目指す企業の育成●ごうぎん起業家大賞の実施●鳥取大学・島根大学発ベンチャーファンドなど、各種ファンドの活用●信用保証協会等と連携した創業支援融資P7営業店と本部の担当者が山陰両県の全市町村を訪問し、官民連携による地域開発や産業振興等の提案を行うなど、地方創生にかかる取り組みを実施しています。■支援対象地公体(島根県・鳥取県)うち当行が指定金融機関を務めている地公体山陰合同銀行グループの参画状況(平成27年8月末現在)地域経済等に関する分析・調査への協力地方版総合戦略、総合計画策定等における推進組織等への参画2県、38市町村2県、25市町村1県、4市町村2県、35市町村6次産業化支援による農林水産業振興●6次産業化ファンドの活用個別相談等への対応(随時)地方創生セミナーの開催2県、38市町村人口減少・地域経済の縮小といった諸課題に対し、当地で何が必要なのか、何をすべきなのかといった地方創生への道筋を考察する機会を提供しています。●事業支援を通じた生産性向上支援P96ごうぎんPRESS