ブックタイトル第112期営業のご報告 ミニディスクロージャー誌 ごうぎんPress

ページ
11/16

このページは 第113期営業の中間ご報告 ミニディスクロージャー誌ごうぎんPress の電子ブックに掲載されている11ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

山陰合同銀行の決算の概要、経営方針、お客さまへの思いをつづった、「ごうぎんPress」です。

「1人1社運動」とは?取引先の付加価値向上を実現し、ていく好循環を目指します。法人のお客様を担当する営業店の行員1人ひとりが、担当するお取引先の中の1社について、実態をより深く把握し、経営課題やニーズの共有、提案、フォロー等の事業支援活動を行う運動。この運動を通じて、行員のスキルアップを図るとともに、すべてのお取引先に対する事業支援活動をさらに強化します。事例2当行の情報力を活用してお取引先のニーズ・課題を解決し、売上強化を支援!取引深耕大田支店①ニーズキャッチ②不動産情報提供③課題把握売上強化(有)祖式運送取引開始A社(大田支店取引先)④有効活用策の提案【ニーズキャッチ】新業務展開のための物件が必要(有)祖式運送は、新しい業務を始めるために、倉庫となる物件を探していた。【不動産情報提供】行内で情報共有【新しい課題を把握】取得した物件の有効活用が課題【有効活用策を提案】テナント先、新たな仕事受注先を紹介不動産ニーズをキャッチした大田支店は行内で情報を共有、僚店の取引先の物件を紹介。新業務のために倉庫購入、約25名新規雇用するも、スペースと時間を十分に活用できていなかった。倉庫の一部をテナント化し、大田支店がテナント先を紹介。また、大田支店が紹介したA社から、別の仕事を受注。事例3お取引先のビジネスを理解し、経営課題・ニーズを共有。課題に応じた様々な事業支援サービスにより、お取引先の成長をサポート!取引深耕設備投資融資、ビジネスマッチング成約企業価値向上新本社工場設立に伴い新規雇用拡大鳥取営業部経営課題・ニーズ共有(株)ササヤマ事業支援サービス経営課題・ニーズ当行の外部ネットワークを活用し、コンサルタント導入をご提案事業承継相談役から社長への事業承継資金調達方法のアドバイス当行バンコク駐在員事務所を通じて現地情報を提供海外進出外貨建てでの資金調達タイ事務所開設融資および出資新規設備投資新本社工場設立10ごうぎんPRESS