ブックタイトル第112期営業のご報告 ミニディスクロージャー誌 ごうぎんPress

ページ
10/16

このページは 第113期営業の中間ご報告 ミニディスクロージャー誌ごうぎんPress の電子ブックに掲載されている10ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

山陰合同銀行の決算の概要、経営方針、お客さまへの思いをつづった、「ごうぎんPress」です。

お取引先との信頼関係を構築し、課題解決をお手伝いすることによりお地域の経済・産業活動を支えながら、地域とともに当行も成長・発展し取組事例~1人1社運動~中期経営計画の施策の一つとして、当行とお取引先が一緒になって取り組む「1人1社運動」の活動事例をご紹介します。事例1お取引先の経営会議に同席!経営計画やニーズを理解したことで、より具体的で充実した事業支援サービスをご提案行員のレベルアップ事業支援サービスの向上よりよい投資計画北支店より強固な信頼関係の構築(有)なにわ旅館平成27年5月6月7月7月8月8月9月「1人1社運動」の意義を共有設備投資計画を共有経営会議にオブザーバーとして参加設備投資会議に継続的に参加有意義なビジネスマッチング商談「1人1社運動」の取り組みについて(有)なにわ旅館に説明。(有)なにわ旅館は相互の有益性を感じ、今後の方針について協議。設備投資計画と試算書を一緒に検討。金融機関と一緒に経営計画を作成することは、(有)なにわ旅館にとって初めての試み。(有)なにわ旅館の経営会議に同席。経営上の問題点や課題、改善策を把握したうえで、設備投資の必要性を共有。【第一回】投資対象となる建物空間を一緒に検証、投資計画の情報共有とその必要性を検証。【第二回】より労働生産性が向上するよう計画の見直し。経営計画やニーズをよく理解できたことで、より具体的で充実したビジネスマッチング商談をご提案。【第三回】工事スケジュールの確認、運転資金と短期借入の必要性を検討。今後の展開引き続き会議に参加し、情報共有、ビジネスマッチングやアドバイスなどを提供。設備投資融資や備品リース等に対応(有)なにわ旅館コメント金融機関と上手に付き合っていくことの大切さを実感担当者コメント長期計画作成の時期に、タイミングよく「1人1社運動」のお話を伺いました。正直、金融機関と一緒に経営計画を作成することは、当社の良いところも悪いところも全てお見せしなければならないので、やるかどうか悩みました。しかし、一緒に経営計画を作成し、会議にも参加いただいたことで、当社のウィークポイントやニーズをよく理解していただき、適切なビジネスマッチング商談先を紹介していただくなど明確な解決方法を提供してもらえたことが、一番大きなメリットであったと感じています。現在、設備投資額の適正性を判断する会議に参加いただいています。銀行としての目線から適切なアドバイスを期待しています。今回のような取り組みを続けることで、素早い判断ができ、経営の安定化につなげられると思っています。今後もごうぎんさんとの関係を深め、お互いにいい方向に進んでいけたらと考えています。計画に携われたことで共通認識が持て、業界の仕組やビジネスモデルもより深く理解できました。これからが銀行としての本格的なサポート段階になるので、お役に立てるよう頑張ります。左:有限会社なにわ旅館代表取締役社長勝谷有史様右:北支店近藤龍也ごうぎんPRESS9