ブックタイトル第112期営業の中間ご報告 ミニディスクロージャー誌 ごうぎんPress

ページ
7/20

このページは 第112期営業の中間ご報告 ミニディスクロージャー誌ごうぎんPress の電子ブックに掲載されている7ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

山陰合同銀行の決算の概要、経営方針、お客さまへの思いをつづった、「ごうぎんPress」です。

ベトナムに進出している日本企業の職員に対し、医療アテンドや予防接種などの案内、現地の健康診断の手配などを行っている会社です。日本の看護師資格を持つベトナム人スタッフを6名揃えています。ベトナム労働省のグェンタィンホア副大臣と面談することができました。会談した労働省副大臣は「毎年150人以上の優秀な人材を日本に送り出したい」と明言され、日本との連携に強い期待感を持っている様子がうかがえました。ベトナムで医大合格に1点足りずに医師になれなくて、看護師になった人に会いました。多くの優秀な学生が、日本での資格取得に意欲を燃やしている現状が垣間見えました。ベトナム政府ウェルビー・ベトナム社    当社はグループ会社の(株)ハートスイッチと日本語学校の倉敷外語学院の3者で協定を結び、介護・福祉分野における外国人労働者の教育支援事業を平成26年10月より開始しました。高齢者が増え、生産労働人口は減少、さらに拍車をかけるように介護業界は人材確保が難しいという状況にある中、昨年末より当社は外国人労働者の受け入れについて情報収集をはじめ、国が人材確保の一つとして外国人技能実習制度の適応職種拡大を検討していることを知りました。 そのような折に、ごうぎんよりベトナムの技能実習生送り出し機関、介護施設の視察をご案内いただきました。実際に現地で人材教育や介護施設の現場を見聞きしたことが、この度の事業立ち上げに向けて大いに参考になりました。 ごうぎんのタイムリーな情報提供、また積極的な中小企業への支援にお応えできるように、当社は今後も地域の介護サービス、人材育成に貢献していきたいと思います。株式会社 創心會代表取締役 二神 雅一 様視察でご一緒した方々は本当に元気の良い方ばかりで、個々の施設の成功体験など情報交換もでき、大いに参考になりました。会社説明会で久保田頭取が語られた「地域産業発展への貢献」への熱い想いに迫力を感じるとともに、ごうぎんの地域発展への支援にますます期待しています。社会医療法人 光生病院社会福祉法人 ことぶき会理事長 佐能 量雄 様今回の視察にご参加いただいたお客さまより問題解決の糸口を掴めたなど、多くの喜びの声をいただきました。当行では今後も継続してこのような機会を積極的に提供してまいります。地域振興部 副調査役医療・介護担当 中井 良司参加者の声佐能理事長佐能理事長(左)児島支店 田中 俊幸2 014. 6. 262 014. 6. 2 7ごうぎんPRESS 6