ブックタイトル第112期営業の中間ご報告 ミニディスクロージャー誌 ごうぎんPress

ページ
5/20

このページは 第112期営業の中間ご報告 ミニディスクロージャー誌ごうぎんPress の電子ブックに掲載されている5ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

山陰合同銀行の決算の概要、経営方針、お客さまへの思いをつづった、「ごうぎんPress」です。

安定した経済成長を続けるベトナム ベトナムは、北から南へ伸びたS字状の形をした国です。山岳地域、美しい海、肥沃なメコンデルタなど、自然が豊富で、8つもの世界遺産が残されています。 インドシナ半島の東端に位置していることから、ASEAN諸国の海の玄関口として、インフラ整備が進められています。 ベトナムには、液晶関係の部品メーカーが集積し、一大工業クラスターを形成しつつあります。日本をはじめとした多くの国から製造業などが進出し、急速に経済が発展しています。当行は、アジアへ進出するお取引先を支援するため、平成25年にベトナムのベトコムバンクと提携しています。数字で見るベトナム平均年齢29歳識字率93%人口9,170万人日本との国交樹立41年前日本からの投資額6,325億円1973年に国交を正式に樹立して以来、日本とは親密な関係が続いています。近年は、毎年首脳会談が行われています。ベトナム人は勤勉な人が多く、新興国としては高い識字率を誇ります(インド63%、カンボジア78%、ラオス73%)。なお、アジア最初の宇宙飛行士はベトナム人でした。ASEANでは3位、世界でも13位にランクされる人口大国です。今でも人口は増え続けており、毎年150万人が労働市場に参入しています。平均年齢が若いことが特徴です(日本46歳、中国36歳、タイ36歳)。街には若い人たちのエネルギーが溢れています。日本はベトナム経済における最大投資国です。多くの日本企業がベトナムに進出し、製造拠点を構えています。\ \ \ (2013年)(2013年)山陰合同銀行バンコク駐在員事務所ベトナムホーチミンハノイ中国ラオスタイカンボジアミャンマーVi e t n am道路にはバイクがひしめき、活気に溢れています褐色の流れと川岸の緑が印象的なメコン川宮殿王朝時代の面影が今なお残されています海から突き出た島影が幻想的なハロン湾欧米からの旅行者に人気のムイネービーチごうぎんPRESS 4