ブックタイトル第112期営業の中間ご報告 ミニディスクロージャー誌 ごうぎんPress

ページ
11/20

このページは 第112期営業の中間ご報告 ミニディスクロージャー誌ごうぎんPress の電子ブックに掲載されている11ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

山陰合同銀行の決算の概要、経営方針、お客さまへの思いをつづった、「ごうぎんPress」です。

〈 ポイント 〉? 長年にわたる取引深耕で、お取引先の事業内容を良く理解していた? 広範なネットワークの活用鳥取にドリルの企業城下町をつくる ?地域活性化?「月光ドリル」の販路拡大をサポートG O G I NR e l a t i o n s h i pB a n k i n g●販路拡大~国内での販路先を紹介~ 月光ドリルの販路拡大ニーズをキャッチした日野橋支店は、日頃より販路紹介先について検討を重ねていた。 行内で情報を共有し、北播磨支店取引先(ホームセンター卸)を紹介し、商談につながった。●海外進出支援 ~海外での営業活動をサポート~ 月光ドリルの海外への販路拡大を目指す(株)ビックツールは、海外での展示会にも積極的に出展。当行は、通訳業者を紹介したり、現地のお取引先へ同行訪問するなど海外での活動をサポート。また、中国でのコピー商品対策について弁護士の紹介、中国取引の留意点などの情報提供も行っている。●産学連携 ~地元の大学との連携を後押し~   月光ドリルの用途拡大に向けて、医療用の細いドリルの開発に挑戦しているという情報をキャッチした当行は、鳥取大学医学部との連携を後押し。医療用ドリルへの転用に向けた鳥取大学医学部との共同研究につながった。産学連携鳥取大学医学部との連携を後押し海外進出支援通訳業者の紹介や海外のお取引先への同行訪問など現地サポート販路拡大「月光ドリル」の販路先として、北播磨支店取引先を紹介外部ネットワーク(株)ビックツール行内ネットワーク鳥取にドリルの企業城下町をつくりたい 「月光ドリル」をホームセンター向けの汎用ドリル、機械加工用ドリル、医療用ドリルの3つの柱で展開してまいります。海外への展開や医療用ドリルの開発など月光ドリルの需要増加に対応するため、生産体制の強化や工場新設を検討しています。ドリルを地域の産業に育て、地域に新たな雇用をもたらし、地域活性化につなげていきたいと思っています。また、地域の未来を担う若者を積極的に採用しています。自分たちの作った商品に自信を持ち、世界中のユーザーの皆さまに喜んでいただいていることに誇りを感じてほしいと思います。 ドリルはさまざまな分野で工具として幅広く用いられており、月光ドリルの技術はあらゆる分野へ応用できると考えています。常に商品開発を追い続けなければ、生き残れない時代。今後も独自の技術力を発揮し、広くユーザーの皆さまに受け入れられる商品開発を進めてまいります。 ごうぎんへは資金面でのサポート、さまざまな情報提供やアドバイスを引き続き期待しています。(株)ビックツール 代表取締役 新井 高一 様取組事例海外ネットワーク日野橋支店オンリーワン技術で世界市場へ〈左〉(株)ビックツール  代表取締役 新井 高一 様〈右〉日野橋支店   支店長代理 福本 貴郎ごうぎんPRESS 10