ブックタイトル第112期営業のご報告 ミニディスクロージャー誌 ごうぎんPress

ページ
9/16

このページは 第112期営業のご報告 ミニディスクロージャー誌ごうぎんPress の電子ブックに掲載されている9ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

山陰合同銀行の決算の概要、経営方針、お客さまへの思いをつづった、「ごうぎんPress」です。

J-クレジット地域コーディネーターとしての取り組み● お取引先の声● 担当者コメント取組事例平成22年よりJ-クレジットのビジネスマッチングに取り組んでいます。地球温暖化防止・森林保全環境保全に取り組む企業の企業価値向上を支援地方自治体と連携し、地域の課題解決に積極的に関与J-クレジット売買契約締結J-クレジット活用提案J-クレジット地域コーディネーター認定J-クレジットご利用検討企業ご紹介山陰合同銀行仲介お取引先鳥取県日南町(鳥取県)養父市(兵庫県)「」「」「」J-クレジット購入をきっかけに、環境保全の重要性など、まずは社員の意識改革を通じて、社会貢献企業として成長していきたいと考えています。当社は木材を扱っており、環境に対する貢献のため何か良いものはないか考えていたところ、J-クレジットの購入(活用)による貢献方法もあることを知りました。エネルギー関連事業を本業としており、環境への意識は高かったのですが、J-クレジットの提案により、さらに社会貢献ができる機会を与えてもらい大変感謝しています。当行は、「鳥取県」「日南町(鳥取県)」「養父市(兵庫県)」からJ-クレジット地域コーディネーターに認定され、J-クレジットの販売支援(ビジネスマッチング)を行っています。お取引先に対しては、環境保全につながるJ-クレジットの活用をご提案し、お取引先の社会貢献を応援しています。今後も、地方自治体との連携を強化し、環境保全・地域経済活性化への貢献とともに、取引先企業の企業価値向上に資する活動を推進してまいります。地域振興部 調査役 宮本 立史契約件数当行がコーディネーターとして仲介した15社17件J-クレジット(含むJ-VER)販売量885t-CO2(平成27年3月末)※旧J-VER制度に基づくコーディネーター認定についても、「J-クレジット」に統一し表記しています。8 ごうぎんPRESS