ブックタイトル第112期営業のご報告 ミニディスクロージャー誌 ごうぎんPress

ページ
7/16

このページは 第112期営業のご報告 ミニディスクロージャー誌ごうぎんPress の電子ブックに掲載されている7ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

山陰合同銀行の決算の概要、経営方針、お客さまへの思いをつづった、「ごうぎんPress」です。

経営課題の解決を支援する体制強化■ リレバン企画グループ  事業支援サービスの企画  行内の人材育成■ 事業支援グループ  営業店の個別提案活動サポートリレバンサポート室地方創生推進プロジェクトチーム地方自治体の「地方創生」の取り組みにごうぎんグループとして積極的に参画し協力■ 実効性の高い総合戦略策定支援■ 第1次産業の6次産業化支援■ 事業支援を通じた企業の生産性向上 などリレーションシップバンキングをベースとした収益の拡大企業の付加価値向上への取り組み1.事業支援ビジネスモデルの確立2.目利き力向上による積極的なリスクテイク個人の豊かな生活の実現への取り組み3.資産運用提案力の強化(証券子会社との連携)4.クレジットカード事業の成長加速 5.個人ローンの取り組み強化地方創生への取り組み地域経済活性化に向けた取り組み有価証券運用の強化有価証券運用の多様化経営基盤の強化1.組織活性化と従業員の満足度向上2.戦略的な人員の再配置3.お客様の利便性向上と業務効率化の推進4.内部管理態勢の強化5.グループ連携の強化6.適切な資本政策と株主還元CSRの実践社会活動・環境活動■ 行動基準・重点施策■ 目標とする経営指標■ 計画の達成に向け新組織を設置項 目平成26年度実績最終年度(平成29年度)目標1. コア業務純益237億円270億円以上2. 当期純利益117億円150億円以上3. 役務取引等利益65億円84億円以上4.役務収益比率 (コア業務粗利益ベース) 10.8% 12.5%以上5.OHR( コア業務粗利益ベース) 61.08% 60%未満6.ROE( ROE(純資産平残ベース))3.69%(4.36%)4.3%以上(5.0%以上)7. 自己資本比率14.68% 15%程度収益性指標効率性指標資本効率指標健全性指標重点施策私たちは、企業の付加価値向上と個人の豊かな生活の実現に取り組み、当行も収益を上げる新たなビジネスモデルを確立します。地域の夢、お客様の夢をかなえる創造的なベストバンク行動基準経営理念6 ごうぎんPRESS