ブックタイトル第112期営業のご報告 ミニディスクロージャー誌 ごうぎんPress

ページ
12/16

このページは 第112期営業のご報告 ミニディスクロージャー誌ごうぎんPress の電子ブックに掲載されている12ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

山陰合同銀行の決算の概要、経営方針、お客さまへの思いをつづった、「ごうぎんPress」です。

お客様の様々な証券投資ニーズにお応えしてまいります。設立の目的は? ごうぎん証券の特徴は?どんな商品を販売するの?NISAなど投資環境が整備され、お客様の証券投資ニーズは拡大かつ多様化しています。こうしたお客様の様々な証券投資ニーズに山陰合同銀行グループは「銀証連携」により「ワンストップ」でお応えしていくために、山陰合同銀行の100%子会社として、平成27年2月6日にごうぎん証券を設立しました。ごうぎん証券の店舗は、銀行との共同店舗になります。銀行の中に証券の店舗があるので、気軽に証券の話を聞くことができます。ごうぎん証券は投資が初めてのお客様にもやさしい証券会社を目指します。外貨建債券や仕組債、投資信託を主力販売商品とし、銀行では取り扱わない株式やETF(上場投信)、事業債などもご提案します。平成27年10月開業予定Q Q Q出雲支店本社米子支店鳥取支店お客様預金保険公共債事業債外債仕組債外貨預金投資信託株式山陰合同銀行銀行サービスをご紹介専門性の高い証券サービスをご紹介ごうぎん証券地域における顧客基盤強み専門性の高いサービス強み「ごうぎん証券」設立松江支店ごうぎん証券 部長代理 伊東 智子Point2銀行と証券子会社が連携し、多様な資産運用サービスをワンストップで提供いたします。Point1銀行の店舗内に店舗があるので、気軽に証券の話を聞くことができます。ごうぎんPRESS 11