ブックタイトル2016山陰合同銀行中間期ディスクロージャー誌

ページ
74/92

このページは 2016山陰合同銀行中間期ディスクロージャー誌 の電子ブックに掲載されている74ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

ごうぎんのディスクロージャー誌は、ごうぎんの決算や活動内容にて皆様に知っていただくために作成しています

自己資本の充実等の状況定量的開示事項(連結・単体)72 SAN-IN GODO BANK4 標準的手法が適用されるエクスポージャーについて、リスク・ウェイトの区分ごとの信用リスク削減手法の効果を勘案した後の残高並びに1250%のリスク・ウェイトが適用されるエクスポージャーの額(単位:百万円) エクスポージャーの額平成27年度中間期平成28年度中間期単体連結単体連結格付有り格付無し格付有り格付無し格付有り格付無し格付有り格付無し0% ― 0 ― 200 ― 0 ― 1510% ― ― ― ― ― ― ― ―20% ― ― ― 1,123 ― ― ― 2,10135% ― ― ― ― ― ― ― ―50% ― 5 ― 5 ― 6 ― 675% ― ― ― ― ― ― ― ―100% ― 9,784 ― 13,027 ― 10,040 ― 15,157150% ― 124 ― 499 ― 129 ― 433250% ― ― ― ― ― ― ― ―350% ― ― ― ― ― ― ― ―1250% ― ― ― ― ― ― ― ―その他― ― ― ― ― ― ― ―合計― 9,914 ― 14,857 ― 10,176 ― 17,713 (注)1.格付は、原債務者に付与されている格付のリスク・ウェイトにより区分しております。2.格付は、適格格付機関が付与しているものに限定しております。3.地方公共団体、政府関係機関、金融機関については、所在する国の格付のリスク・ウェイトにより区分しております。4.円建ての日本国向けエクスポージャー等の「外部格付によらずリスク・ウェイトが定められているエクスポージャー」については「格付無し」に区分しております。5.その他は、ローン・パーティシペーションなどの資産です。6.オフ・バランス取引は、カレント・エクスポージャーの額を記載しております。 5 内部格付手法が適用されるエクスポージャーのうち、スロッティング・クライテリアに割り当てられた特定貸付債権及びマーケット・ベース方式の簡易手法が適用される株式等エクスポージャーについて、リスク・ウェイトの区分ごとの残高■ スロッティング・クライテリアに割り当てられた特定貸付債権におけるリスク・ウェイトの区分ごとの残高(単位:百万円) スロッティング・クライテリア残存期間リスク・ウェイト区分エクスポージャーの額期待損失額相当信用リスク・アセット平成27年度中間期平成28年度中間期プロジェクト・ファイナンスオブジェクト・ファイナンスコモディティ・ファイナンス事業用不動産向け貸付優2年半未満0% 50% 333 832年半以上5% 70% 12,411 11,089良2年半未満5% 70% ― ―2年半以上10% 90% 2,866 ―可― 35% 115% 14,578 17,293弱い― 100% 250% 2,550 4,088デフォルト― 625% 0% 384 384ボラティリティの高い事業用不動産向け貸付優2年半未満5% 70% ― ―2年半以上5% 95% ― 1,500良2年半未満5% 95% ― ―2年半以上5% 120% ― ―可― 35% 140% 800 ―弱い― 100% 250% 70 67デフォルト― 625% 0% ― ―合計33,993 34,507 (注)1.「スロッティング・クライテリア」とは、特定貸付債権について自己資本比率告示第153条第4項及び第6項に規定された、リスク・ウェイトの基準となる5つの信用ランク区分です。2. 本項目につきましては、単体と連結グループが同じ計数です。