ブックタイトル2016山陰合同銀行中間期ディスクロージャー誌

ページ
15/92

このページは 2016山陰合同銀行中間期ディスクロージャー誌 の電子ブックに掲載されている15ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

ごうぎんのディスクロージャー誌は、ごうぎんの決算や活動内容にて皆様に知っていただくために作成しています

SAN-IN GODO BANK 13■ 経営改善や成長力の強化 「1人1社運動」を中心とした事業支援活動の展開により、お取引先の課題解決に向けたご提案を行ってきた結果、当行をメインバンクとしてお取引いただいている企業のうち、実に半数以上のお取引先で経営指標の改善がみられました。 また、お取引先の経営改善や成長力の強化に継続的に取り組むことに加え、その過程で発生した資金需要に対しても積極的にお応えしています。【メイン取引先のうち、経営指標(※)の改善や就業者数の増加がみられた先数(平成28年3月期)】メイン取引先メイン取引先の融資残高経営指標等が改善した先グループベース7,330社[参考]単体ベース:8,295社6,448億円3,959社(※) 売上高・償却前当期利益【上記経営指標等が改善した先にかかる3年間の事業年度末の融資残高の推移】平成26年3月期平成27年3月期平成28年3月期グループベース4,575億円4,989億円5,206億円取組事例 行員派遣による有償コンサルティングの開始 平成28年11月より、お取引先A社に行員1名を常駐させ、有償コンサルティングを開始しました。 これは1人1社運動を通じた当行の事業支援活動を評価いただき、行員派遣によるコンサルティングを要請いただいたものです。 当行では、お取引先との信頼関係を築き、企業の皆様の課題解決に向けた最適なご提案を行うことで、付加価値向上のお手伝いに努めてまいります。成長期・安定期・低迷期における支援対象企業山陰の企業(企業名非公開)コンサルティング内容財務面、社内組織体制構築、経営計画策定、経営課題等に関するアドバイス人員行員1名期間1年間手数料有償(一部成功報酬あり)当行の取組姿勢を評価いただき、行員派遣によるコンサルティングを要請平成28年11月行員1名をA社に常駐させ、有償コンサルティングを開始信頼関係構築1人1社運動を通じ、課題解決に向け提案、フォロー等の事業支援活動を継続実施株式会社A社山陰合同銀行【 経営課題・ニーズ 】■ 新たなビジネスモデルの構築■ 社内組織体制の整備←拡大前のデータ当行の取組姿勢を評価いただき、行員派遣によるコンサルティングを要請平成28年11月行員1名をA社に常駐させ、有償コンサルティングを開始信頼関係構築【 経営課題・ニーズ 】1人1社運動を通じ、課題解決に向け提案、フォロー等の事業支援活動を継続実施株式会社A社山陰合同銀行■ 新たなビジネスモデルの構築■ 社内組織体制の整備