ブックタイトル2016山陰合同銀行中間期ディスクロージャー誌

ページ
12/92

このページは 2016山陰合同銀行中間期ディスクロージャー誌 の電子ブックに掲載されている12ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

ごうぎんのディスクロージャー誌は、ごうぎんの決算や活動内容にて皆様に知っていただくために作成しています

10 SAN-IN GODO BANK中小企業の経営の改善及び地域の活性化のための取組の状況●平成28年9月期は、売上増加など業績向上に貢献できた先が大幅に増加。 ビジネスマッチングが継続取引につながったり、工場増設に深く関与するなど、お取引先の業績向上に貢献できた事例も。【業績が向上した先の推移】平成27年9月期平成28年3月期平成28年9月期事業支援活動で取引先の業績が向上した先(社) 31 59 116●事業支援活動の結果、お取引先と当行の業績向上がともにみられた先は、順調に増加。●当行の事業支援関連収益も、平成28年9月期は5億円を超過。 当行の事業支援活動を評価いただき、お取引先・当行とも持続的に成長・発展する好循環が形成されている。【お取引先と当行の業績向上がともにみられた先・事業支援関連収益の推移】平成27年9月期平成28年3月期平成28年9月期お取引先と当行の業績向上がともにみられた先(社) 49 132 227事業支援関連収益(百万円) 404 456 539●地方の企業数が減少するなか、地元山陰では10,000社を超えるお取引先を維持。● 営業を強化している山陽、兵庫・大阪地域では順調にお取引先が増加。山陰から山陽、兵庫・大阪に広がる広域ネットワークを形成。● 1人1社運動先以外のお取引先にも事業支援活動の展開により信頼関係を構築。山陰両県においてはメイン取引先の構成比は増加傾向。【地域別のお取引先数・メイン取引先構成比の推移(単体ベース)】平成26年3月末平成27年3月末平成28年3月末山陰(島根県・鳥取県)(うちメイン取引先構成比)10,212社(72.1%)10,049社(72.2%)10,062社(72.7%)山陽(広島県・岡山県)(うちメイン取引先構成比)1,915社(31.1%)1,993社(29.9%)2,091社(29.3%)関西(兵庫県・大阪府)(うちメイン取引先構成比)1,409社(17.7%)1,680社(17.9%)1,936社(18.0%)東京都(うちメイン取引先構成比)161社(5.6%)166社(9.0%)195社(7.7%)合計(うちメイン取引先数)(構成比)13,697社(8,222社)(60.0%)13,888社(8,171社)(58.8%)14,284社(8,295社)(58.1%)(※) メイン取引先:融資残高1位の先4.お取引先の業績向上に貢献6.持続的に成長・発展する好循環の形成5.お取引先数・メイン取引先数(※)の増加