ブックタイトル2016山陰合同銀行ディスクロージャー誌 資料編

ページ
8/120

このページは 2016山陰合同銀行ディスクロージャー誌 資料編 の電子ブックに掲載されている8ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

ごうぎんのディスクロージャー誌は、ごうぎんの決算や活動内容にて皆様に知っていただくために作成しています

6■ 6次化ファンドへの出資中小企業の経営の改善及び地域の活性化のための取組の状況中小企業の事業支援に関する取組状況及び地域の活性化に関する取組状況 当行独自の融資制度「ごうぎん新産業資金」やグループ会社「ごうぎんキャピタル㈱」との連携、行政の融資および保証を含む諸制度などを効果的に組み合わせ、創業企業やニュービジネスの育成に努めています。 島根、鳥取両県の産業支援機関に人材を派遣するなど、地方公共団体とも連携して地元企業の育成に取り組んでいます。 山陰において新たな事業に取り組む起業家を表彰する「ごうぎん起業家大賞」を実施しています。「ごうぎん起業家大賞」では、特色ある有望な事業プランの発掘を行い、当行グループをあげて全力で事業化および事業の成長をサポートします。 平成27年1月、大学発のベンチャービジネスを資金、経営面でサポートする「大学発・産学連携ファンド」を設立、あわせて、産学の協力関係を一層深めるため、鳥取大学・島根大学と「大学発ベンチャー支援等に関する協力協定書」を締結しました。 これをうけ、平成28年1月、島根大学発のベンチャー企業へ8千万円、また4月には鳥取大学発のベンチャー企業へ8千万円、島根大学発のベンチャー企業へ9千万円をそれぞれ出資しました。 当行は鳥取大学、島根大学とともに、やる気のある経営者、新たなビジネスに挑戦する起業家の熱い挑戦を応援してまいります。そして、新産業の創造、それに伴う雇用の創出に注力し、今後も地域経済の活性化をはじめとした地方創生の諸施策に積極的に関与してまいります。 当行、㈱みずほ銀行、㈱農林漁業成長産業化支援機構およびごうぎんキャピタル㈱が出資し設立した「ごうぎん農林漁業応援ファンド投資事業有限責任組合」(以下「本ファンド」)は、㈱隠岐牛に対して出資することを決定いたしました。 同社は、本ファンドを活用して、島根県隠岐郡海士町の豊かな自然に育まれた「隠岐牛」をメインに「海産物」等も使用した高級和食店を東京の銀座に出店予定です。「確かな食材」と「職人の技術」を駆使した付加価値の高い料理を多くの消費者に提供し、地域資源の販路拡大、隠岐牛等ブランドの浸透・拡大、生産者所得の向上などを目指します。本ファンドは事業者と連携し、店舗展開など必要に応じた経営支援をしていきます。事業支援 ?各種支援団体との連携による横断的な支援 ? 事業計画策定支援、各種専門家の紹介など受賞者の事業内容に合わせた支援 ?当行グループ主催のセミナー・商談会等への招待、プレゼン機会の提供 ?当行出資ファンドとの連携【創業・新事業支援にかかる投融資実績】(平成27年度の新規取扱実績)【スキーム図】件数金額融資実績(創業・新事業支援にかかる融資) 168件1,046百万円投資実績(ごうぎんキャピタルによる投資) 5件234百万円■ 投融資実績■ ごうぎん起業家大賞■ 大学発ベンチャーへの出資創業・新規事業開拓の支援地域の活性化に関する取り組み㈱隠岐牛ごうぎん農林漁業応援ファンド農林漁業者パートナー企業飯古建設㈲(定置網漁業)㈲隠岐潮風ファーム(畜産業)農水産品等の提供出資出資経営支援農水産物販路拡大ブランド浸透・拡大地域情報発信生産者所得向上?豊かな自然に育まれた安心・安全な食を提供する飲食事業?職人の“技”を駆使した食材の魅力向上、新商品開発などなどノウハウ・販路等の提供出資効果㈲典座舎(飲食店経営)