ブックタイトル2016山陰合同銀行ディスクロージャー誌 資料編

ページ
17/120

このページは 2016山陰合同銀行ディスクロージャー誌 資料編 の電子ブックに掲載されている17ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

ごうぎんのディスクロージャー誌は、ごうぎんの決算や活動内容にて皆様に知っていただくために作成しています

15自己資本の充実等の状況コーポレートデータ連結情報単体情報1. 銀行の公共的使命の自覚 銀行の持つ公共的使命を自覚し、自己責任と透明性の原則に基づく健全経営に徹し、社会からの揺るぎない信頼の確立を図ります。2. 法令・ルールの遵守 全ての法令及びルールを厳格に遵守し、社会的信義を重んじ、常に誠実かつ公正な行動をします。3. お客さま本位の徹底 お客さまに対しては、誠心誠意、親切の心と感謝の気持ちで接し、お客さまのニーズに即応した正確・迅速・丁寧で質の高い金融サービスを提供します。4. 地域社会との調和 経営等の情報を積極的かつ公正に開示し、お客さまや株主、地域社会等の幅広いステークホルダーの意見を経営に反映させることにより、地域社会の常識と期待に沿う企業行動に努めます。当行では「倫理綱領」を制定し、当行の役職員として遵守すべき倫理基準を明確に規定しています。5. 人権尊重による職場の活性化 人権尊重の精神と信頼感にあふれ、ゆとりと心の豊かさを大切にして、活力に満ちた働きがいの持てる職場づくりに努力します。6. 環境問題への取り組み 省資源、省エネルギー、リサイクル活動の推進により、事業活動における環境の負荷の低減に努めるとともに、環境保全に寄与する金融商品・サービスを提供するなど、環境問題に積極的に取り組みます。7. 社会貢献活動への取り組み 銀行業務は、社会の健全な発展なくして存続できないこと、社会が銀行の存続基盤であることを自覚し、社会と共に歩む「良き企業市民」として、地域社会等と連携し、積極的に社会貢献活動に取り組みます。8. 反社会的勢力の介入排除 市民社会の秩序や安全に脅威を与える総会屋・暴力団等の反社会的勢力の介入は断固排除します。倫理綱領(企業行動原理)1. 組織としての対応 反社会的勢力との関係遮断を「内部統制システムに関する基本方針」に位置づけるとともに、社内規程等を整備し、当行単体のみならず当行グループ一体となって、反社会的勢力の排除に取り組みます。また、反社会的勢力との取引解消や不当要求への対処にあたっては、役職員の安全を最優先に確保します。2. 一元的な管理態勢の構築(1) 反社会的勢力に関する情報を一元的に管理したデータベースを構築のうえ、積極的に活用するとともに、当行グループ内での情報の共有化を図ります。(2) 平素から、警察・暴力追放運動推進センター・弁護士等の外部専門機関と連携し、緊急時の協力体制を構築します。(3) 反社会的勢力に関する情報は、迅速かつ適切に経営陣が把握できる態勢とします。3. 審査態勢の構築(1) 反社会的勢力に関する情報を活用した事前審査を適切に当行は、金融取引に対する公共の信頼を維持し、業務の適切性および健全性を確保するため、以下のとおり、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力との一切の関係遮断を徹底します。実施するとともに、契約書、約款等へ反社会的勢力排除のための条項の導入を徹底し、銀行単体での取引のみならず他社との連携による金融サービスを含め、反社会的勢力との取引防止を図ります。(2) 既存の契約等の事後検証を適切に実施し、反社会的勢力との関係遮断を徹底します。4. 反社会的勢力との取引解消に向けた取組み 取引開始後、反社会的勢力であることが判明した際は、警察・暴力追放運動推進センター・弁護士等の外部専門機関と連携し、可能な限り速やかに取引を解消するなど、反社会的勢力との関係遮断のための措置を的確に講じます。5. 反社会的勢力による不当要求への対処 反社会的勢力からの不当要求に対しては、毅然とした態度で拒否し、裏取引や資金提供は行いません。また、警察・暴力追放運動推進センター・弁護士等の外部専門機関と相談のうえ、民事・刑事の法的対応を見据え、強い姿勢で対処します。反社会的勢力に対する基本方針1. 当行は、お客さまの金融商品に関する知識、経験、財産の状況及び金融商品を購入される目的に応じた、適切な金融商品の勧誘に努めます。2. 当行は、お客さまの判断と責任においてお取引いただくため、金融商品の内容やリスク内容等の重要な事項を十分にご理解いただけるよう説明に努めます。3. 当行は、お客さまに対し断定的な判断を提供したり、事実でな当行は、次の5項目を遵守し、お客さまに対して金融商品の適切な勧誘を行います。い情報を提供するなど、お客さまの誤解を招くような勧誘は行いません。4. 当行は、お客さまに金融商品をお勧めするに際し、お客さまにとって不都合な時間帯やご迷惑な場所での勧誘は行いません。5. 当行は、本勧誘方針に沿った適切な勧誘を行うために、研修体制の充実や社内ルールの整備などに努めます。勧誘方針