ブックタイトル2016山陰合同銀行ディスクロージャー誌 資料編

ページ
119/120

このページは 2016山陰合同銀行ディスクロージャー誌 資料編 の電子ブックに掲載されている119ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

ごうぎんのディスクロージャー誌は、ごうぎんの決算や活動内容にて皆様に知っていただくために作成しています

コーポレートデータ連結情報単体情報自己資本の充実等の状況1173. 当行グループの対象役職員の報酬の体系とリスク管理の整合性ならびに報酬等と業績の連動に関する事項 対象役員の報酬等の決定に当たっては、株主総会で取締役、監査役別の報酬限度額ないし報酬枠が決議され、その範囲内で決定される仕組みになっております。 なお、当行グループは対象役職員の報酬等のうち業績連動部分の占める割合は小さく、また、リスク管理に悪影響を及ぼす可能性のある報酬体系は採用しておりません。 4. 当行グループの対象役職員の報酬等の種類、支払総額および支払方法に関する事項 区分人数報酬等の総額(百万円)退職慰労金その他固定報酬額の総額基本報酬ストックオプション株式報酬型その他変動報酬額の総額業績連動報酬賞与その他対象役員(除く社外役員) 11 313 240 170 69 0 73 73対象従業員等0 - - - - - - - (注)株式報酬型ストックオプションの権利行使時期は以下のとおりであります。なお、当該ストックオプション契約では、行使期間中であっても権利行使は取締役、執行役員および監査役のいずれの地位をも喪失した日の翌日から10日を経過する日までに限りできることとしております。 行使期間株式会社山陰合同銀行第7回新株予約権平成26年7月26日から平成51年7月25日まで株式会社山陰合同銀行第8回新株予約権平成27年7月25日から平成52年7月24日まで 5. 当行グループの対象役職員の報酬等の体系に関し、その他参考となるべき事項特段、前項までに掲げたもののほか、該当する事項はございません。