ブックタイトル2016山陰合同銀行ディスクロージャー誌 情報編

ページ
41/50

このページは 2016山陰合同銀行ディスクロージャー誌 情報編 の電子ブックに掲載されている41ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

ごうぎんのディスクロージャー誌は、ごうぎんの決算や活動内容にて皆様に知っていただくために作成しています

地域貢献活動地域の文化・スポーツ振興を応援しています。■ ごうぎん女子バドミントン部CSR活動の一環として、地域のスポーツ振興に取り組んでいます。ごうぎん女子バドミントン部の選手たちは、地域のバドミントンのレベルアップに向け、ジュニア選手への技術指導などを行っています。また、平成28年2月、日本リーグ2部で活躍していたごうぎん女子バドミントン部は、創部24年目にして見事悲願の1部リーグへ昇格を果たしました。景況悪化や成績低迷途中廃部の危機などもありましたが、当行はCSR活動の一環として維持。バドミントン部員は厳しい練習を積み重ね、見事期待に応えてくれました。島根県知事への優勝報告会の様子平成28年2月28日、東京都立川市柴崎市民体育館で開催された日本リーグ1部2部入れ替え戦の様子平成 5 年 島根県内のスポーツ振興のため創部平成16年 日本リーグに加盟平成21~22年 部員不足のため日本リーグから撤退平成23年 日本リーグ復帰平成25年 日本リーグ2部で優勝するも入れ替え戦で敗退し1部昇格ならず平成27年 日本リーグ2部優勝、入れ替え戦で勝利し1部昇格ごうぎん女子バドミントン部の歩み■ 地域への貢献山陰をバドミントンの盛んな地域にしようと、週3日のペースで小・中学生を対象に指導を行ったり、地域のスポーツイベントに参加するなど、積極的に地域との交流を行っています。バドミントンは近年、世界でも戦えるトップレベルの日本人選手が多くなり、年々注目度が増している競技です。1部リーグに昇格したことで、山陰でホームゲームの開催が可能となり、地域の皆様に一流のプレーを間近でご覧いただけます。これからもバドミントンに興味を持つ子どもたちが増え、地域が盛り上がるよう活動していきます。地域のスポーツイベントに参加39