ブックタイトル2016山陰合同銀行ディスクロージャー誌 情報編

ページ
39/50

このページは 2016山陰合同銀行ディスクロージャー誌 情報編 の電子ブックに掲載されている39ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

ごうぎんのディスクロージャー誌は、ごうぎんの決算や活動内容にて皆様に知っていただくために作成しています

森林保全活動大切なふるさとの森林を次の世代に伝えるため、地域の皆様と一緒になって、森林を守り育む運動に取り組んでいます。NPOなどの皆様と地域の皆様と「ごうぎん希望の森」は、鳥取県、島根県、関係市町村および森林組合の協力によりお借りする、4ヵ所の森林の愛称です。平成18年度から役職員や家族がボランティアで実際に森に入り森林保全活動を行っています。「森も り林を守ろう! 山陰ネットワーク会議」は山陰両県のボランティア団体やNPO法人など、既に活動に取り組んでいる団体をメンバーとして、平成18年4月に設立しました。事務局を山陰合同銀行が務め、各団体の活動紹介や各種イベントの開催などを通じて、広く情報交換を行いながらお互いの活動に反映し、活動の輪を広げています。平成28年度に設立満10周年を迎え、平成29年1月22日(日)に「くにびきメッセ」で記念イベントを計画しています。現在52団体が会員となっています。ごうぎんグループ全国地方銀行のなかまと森づくりに関する各行の情報やノウハウを共有し、各々の活動に反映させ、森づくり活動のさらなる活性化につなげていくために「日本の森を守る地方銀行有志の会」を平成20年7月に発足しました。全64行が地方銀行だからこそできる活動を展開しています。1234ごうぎん希望の森 智頭ごうぎん希望の森 奥大山ごうぎん希望の森 千本ダムの里ごうぎん希望の森 石見銀山1234ごうぎん希望の森・智頭ごうぎん希望の森・千本ダムの里ごうぎん希望の森・奥大山ごうぎん希望の森・石見銀山37