ブックタイトル2016山陰合同銀行ディスクロージャー誌 情報編

ページ
36/50

このページは 2016山陰合同銀行ディスクロージャー誌 情報編 の電子ブックに掲載されている36ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

ごうぎんのディスクロージャー誌は、ごうぎんの決算や活動内容にて皆様に知っていただくために作成しています

● 視覚障がい者対応ATMの設置当行では、視覚障がいのある方が利用しやすいよう、音声案内機能の付いたATMの設置を進めています。● 視覚などに障がいのあるお客様の  窓口振込手数料を引き下げ視覚などに障がいがあり、ATMでの振り込み操作が困難なお客様には、窓口での振り込み時もATMを利用した場合の振込手数料と同額に引き下げています。● 点字サービス視覚障がいがあり、取引内容を点字で確認されたいお客様には、「残高のお知らせ」「お取引明細」「定期預金満期のご案内」などの点字文書を作成しています。● 音声拡張器(音声補助器)の全店配置ボタンを押しながら受話器のように耳に当てるだけで、声や音が大きく聞こえる音声拡張器を全店に配置しています。聞こえづらいと感じられる場合にご利用いただけ、周囲を気にせずご相談いただけます。● コミュニケーションボード外国人の方や聴覚に障がいのある方など、窓口での会話に不安なお客様も安心してご利用いただけるよう、コミュニケーションボードを全店に配置しています。● 杖ホルダーの設置杖をご利用のお客様がより便利にご利用いただけるよう、営業店の伝票記帳台やカウンターに杖ホルダーを設置しています。● サービス・介助講習会を開催当行は、お身体の不自由なお客様をはじめ、あらゆるお客様に対し、より質の高い応対を目指し、平成24年5月から行職員向けのサービス・介助講習会を開催しています。多数の行職員が参加し、接遇向上に取り組んでいます。お身体の不自由なお客様や、お年を召したお客様にも気軽にご利用いただけるよう、当行ではバリアフリーへの取り組みを行っています。今後も、お客様の利便性向上に向けた取り組みを積極的に推進してまいります。サービス・介助講習会の様子バリアフリーへの取り組み誰もが使いやすい店舗を目指しています。34