ブックタイトル2016山陰合同銀行ディスクロージャー誌 情報編

ページ
35/50

このページは 2016山陰合同銀行ディスクロージャー誌 情報編 の電子ブックに掲載されている35ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

ごうぎんのディスクロージャー誌は、ごうぎんの決算や活動内容にて皆様に知っていただくために作成しています

多くの方が特殊詐欺の被害に遭われています。一層のご注意をお願いします。※心当たりがなく不審に思われる請求には応じず、 身近な方、警察などにご相談ください。※銀行や公的機関(警察署、税務署、市町村など)の 職員が、暗証番号などを聞きだすことはありません。金融犯罪防止に向けた取り組み安心してお取引いただけるよう、金融犯罪防止に取り組んでいます。近年、手口が巧妙化してきている振り込め詐欺やインターネットバンキングの不正取引などの金融犯罪を防止し、お客様の大切な財産をお守りする対策を一層強化しています。警察との連携体制インターネットバンキングのセキュリティ強化に向けた取り組み当行は普段より各県の警察本部・警察署と連携をとり、犯罪防止に取り組んでいます。平成27年12月からは、島根・鳥取両県内のATMに「ボイスポリス」を設置しています。これは振込にいらっしゃったお客様に対し、振り込め詐欺についての注意メッセージが自動で流れる等身大の警察官の姿をした看板であり、振込の最後に我に返っていただくことを狙いとしています。また、平成28年4月からは、還付金詐欺防止のため、島根県内ATMに「還付手続できんよ」というポップを取り付けています。インターネットバンキングを安心してご利用いただくため、引き続きセキュリティ強化に向け取り組んでまいります。現在、不正送金被害発生を防ぐため「PhishWa(ll フィッシュウォール)プレミアム※1」ならびに「電子証明書方式※2」をインターネットバンキングご契約者様に無償提供しております。※1 「 PhishWa(ll フィッシュウォール)プレミアム」:不正送金対策に特化したセキュリティソフト※2 電子証明書方式:利用できるパソコンを限定する方式(法人のお客様のみ)ハードトークン(パスワード生成機)見本ボイスポリス設置式の様子特殊詐欺被害防止ポップ設置式の様子■ 個人のお客様への取り組み平成28年1月より、個人のお客様向けインターネットバンキングのセキュリティ強化を図るため、「ワンタイムパスワード(ソフトトークン)」を導入しました。ワンタイムパスワード(ソフトトークン)は、60秒ごとに変化する使い捨てのパスワードでスマートフォンのアプリ上に表示します。60秒ごとにパスワードが変化するため、第三者が振込操作を行おうとした時には、無効なパスワードとなり、不正送金のリスクを軽減することができます。ワンタイムパスワード(ソフトトークン)は無料でご利用いただけます。■ 法人のお客様への取り組み平成28年3月より、法人のお客様向けインターネットバンキングのセキュリティ強化を図るため、「ワンタイムパスワード(ハードトークン)」を導入しました。ワンタイムパスワード(ハードトークン)は、ハードトークンに表示される60秒ごとに変化する使い捨てのパスワードです。資金移動取引等の操作時に、固定式パスワードに加え、ワンタイムパスワード(ハードトークン)を入力することで、第三者による不正送金のリスクを軽減することができます。ワンタイムパスワード(ハードトークン)は無料でご利用いただけます。窓口をはじめ、役職員が一丸となって詐欺被害の未然防止に取り組んでいます。お客様に「振り込め詐欺防止」の声掛けを積極的に行っています。33