ブックタイトル2016山陰合同銀行ディスクロージャー誌 情報編

ページ
22/50

このページは 2016山陰合同銀行ディスクロージャー誌 情報編 の電子ブックに掲載されている22ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

ごうぎんのディスクロージャー誌は、ごうぎんの決算や活動内容にて皆様に知っていただくために作成しています

大規模の設備投資案件など、多額の資金が必要なお客様への支援ツールとして、「シンジケートローン」を提供いたします。企業の資金ニーズに対し、複数の金融機関がシンジケート団を組成し、一つの契約書に基づき融資を行うものです。調達する企業にとっては、① まとまった資金の調達  ② 調達先、調達手段の多様化 ③ 交渉窓口を一本化し事務コストを軽減 ④ 対外的なリリースで信用力アップが期待できるといったメリットが考えられます。シンジケートローンとは…②シンジケート団組成〈アレンジャー業務〉①組成依頼③契約書の調整③契約書の調整参加行A参加行B参加行Cアレンジャー借入人①ローン実行〈エージェント業務〉②実行金入金④元利金支払③元利金、手数料支払参加行A参加行B参加行Cエージェント借入人■ シンジケートローンの仕組み大口の資金ニーズに「シンジケートローン」取引先の資金ニーズへの対応平成27年5月、出雲クリーン発電(同)(出雲市)に対し、プロジェクトファイナンス形式によるシンジケートローンを組成しました。このシンジケートローンは、当行がアレンジャー兼エージェントを務め、島根中央信用金庫、(株)島根銀行、島根県農業協同組合、しまね信用金庫が参加しています。本事業は、島根県および出雲市が所有する斐伊川放水路事業の残土処理場(出雲市上塩冶町、通称グリーンステップ)に出力12.8MW(県内最大規模)の太陽光発電所を建設し売電を行うものです。環境問題に対する課題解決となる施設整備であることに加え、設置工事およびメンテナンス等において地域への経済波及効果が期待できる社会的意義の高い地域案件であることから、地元金融機関からなるシンジケート団を組成しました。取組事例地域の大型案件に対しプロジェクトファイナンスを実施愛称:メガおろち(一般家庭約3,700世帯分の年間消費電力相当分を発電)20