ブックタイトル2016山陰合同銀行ディスクロージャー誌 情報編

ページ
19/50

このページは 2016山陰合同銀行ディスクロージャー誌 情報編 の電子ブックに掲載されている19ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

ごうぎんのディスクロージャー誌は、ごうぎんの決算や活動内容にて皆様に知っていただくために作成しています

既存の店舗で「隠岐の島・山陰フェア」を開催。大変好評を博しました。平成28年3月、ついに神戸に山陰の食材を集めた居酒屋「山陰・隠岐の島ワールド」がオープン!!広域店舗ネットワークを活かしたビジネスマッチングの展開当行の広域な店舗ネットワークと豊富な情報収集力、そして人材を活用した「ビジネスマッチング業務」に力を入れています。山陰両県のお取引先に対しては、大消費地・大生産地にある山陽・兵庫・大阪のお取引先をビジネスで結んでいます。山陽・兵庫・大阪のお取引先には、山陰両県の良質な一次産品や製造技術、行政機関と協力した企業誘致などを提案しています。お取引先の飲食店に対し、取引店の神戸支店、山陰各地の支店が協力し、さまざまな山陰の食材をご紹介。山陰の食材を集めた居酒屋が、神戸にオープンしました。お取引先のニーズをお聞きし、ビジネスマッチングで山陰の良質な一次産品を大消費地の神戸へご紹介するという、好循環が生まれました!山陰各地の支店のお取引先をご案内し、新鮮な生鮮食品や加工食品などを見ていただきました。(株)ワールド・ワン 代表取締役 河野 圭一様の思い平成27年4月にごうぎん神戸支店と取引開始後すぐに「山陰・隠岐の島ワールド」オープンに向け始動しました。5回にわたり山陰視察を行いましたが、熱心な情報提供と支店間の密な連携による顧客目線のビジネスマッチングは、これまでの銀行の事業支援の常識を超えるものでした。平成28年3月にオープンしたばかりの「山陰・隠岐の島ワールド」ですが、神戸のお客様にご好評をいただいております。一過性のブームに終わることなく、山陰の豊かな食材・食文化が神戸の地に根付くよう、ごうぎんさんとともに様々なアイデアで「山陰・隠岐の島ワールド」を盛り上げたいと思います。取組事例1 山陰と神戸をつなぎ、山陰の食材を集めた居酒屋オープン!ニーズキャッチ山陰への視察に同行!平成27年度ビジネスマッチング成約件数452 件神戸で「沖縄料理屋」を中心に居酒屋を多店舗経営。事業拡大を図るにあたり、沖縄料理以外に、特徴のある郷土料理居酒屋をご検討。隠岐や境港の新鮮な魚介類をPRし、新しいメニューへの追加をご提案しました。また、山陰への視察も早速手配しました。(株)ワールド・ワン様山陰合同銀行 神戸支店17