ブックタイトル2016山陰合同銀行ディスクロージャー誌 情報編

ページ
14/50

このページは 2016山陰合同銀行ディスクロージャー誌 情報編 の電子ブックに掲載されている14ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

ごうぎんのディスクロージャー誌は、ごうぎんの決算や活動内容にて皆様に知っていただくために作成しています

地方公共団体との連携地方創生への取り組み地域経済の活性化を通じて地方創生に努めています。■ 米子工業高等専門学校と「包括連携協力に関する協定書」締結平成28年3月、当行と独立行政法人国立高等専門学校機構 米子工業高等専門学校は、「包括連携協力に関する協定書」を締結しました。本協定では、両者が連携することで、地域の企業が抱える技術開発や専門人材の確保といった課題の解決支援を図り、産業振興および地域活性化につなげていくことを目指しています。■ 外国人観光客誘致への協力国が進める地方創生の一環として、外国人観光客誘致(インバウンド)が推進されています。外国人観光客は年々増加の一途をたどっており、山陰両県へも誘致を図るため、平成28年4月、島根県・鳥取県の枠を超え、山陰版DMO(日本型観光地域づくり法人)に位置づけられる「山陰インバウンド機構」が設立されました。当行からも行員を派遣し、積極的な働き掛けに取り組んでいます。■ 地方版総合戦略策定への積極的な参画営業店と本部の担当者が山陰両県の全市町村を訪問し、官民連携による地域開発や産業振興等の提案を行うなど、地方創生にかかる取り組みを実施しています。●支援対象地公体(島根県・鳥取県) 2県、38市町村 うち当行が指定金融機関を務めている地公体 2県、25市町村山陰合同銀行グループの参画状況(平成27年12月末現在)【連携協力内容】ごうぎんグループをあげて、地方公共団体の「地方創生」の取り組みに積極的に参画し、支援しています。地域経済等に関する分析・調査への協力1県、4市町村地方版総合戦略、総合計画策定等における推進組織等への参画2県、35市町村個別相談等への対応(随時) 2県、38市町村調印式の様子(右)米子工業高等専門学校 齊藤正美校長企業等との共同研究、受託研究および技術移転の推進に関することベンチャー起業家への支援、企業等の新事業進出支援に関すること地域経済活性化に関すること教育、文化事業等の振興に関することその他、地域社会の発展に資する活動に関すること(1)(2)(3)(4)(5)「山陰インバウンド機構」を構成する2つのプラットフォーム・広域観光周遊ルートのPR・交通アクセスの拡充・補助事業の集約化・効率化・住民参加型の地域振興・地域DMO等の連携・地域のマーケティング支援【階層別ミッション】・商品販売・事業支援・農山漁村民泊・物販促進Business participants との連携インバウンドを活用した収益事業・海外プロモーション・旅客拡大 etc 農業水産業運輸小売業N PO山陰インバウンド機構ビジネスプラットフォーム(PF)公共プラットフォーム(PF)市町村旅行会社地域金融宿泊業製造業マスメディア流通島根県鳥取県12