ブックタイトル2015山陰合同銀行中間期ディスクロージャー誌

ページ
14/88

このページは 2015山陰合同銀行中間期ディスクロージャー誌 の電子ブックに掲載されている14ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

ごうぎんのディスクロージャー誌は、ごうぎんの決算や活動内容にて皆様に知っていただくために作成しています

12 SAN-IN GODO BANK中小企業の経営の改善及び地域の活性化のための取組の状況取組事例香港向けクロスボーダーローンの取り組み 海外での事業展開をお考えのお取引先を営業店、海外進出支援グループ、海外駐在員事務所が連携して支援しており、ビジネス商談会や現地視察などを積極的に行っています。お取引先の海外現地法人に対し、当行国内営業店から円建てで直接融資(クロスボーダーローン)を実行しました。■ 海外進出サポートご返済保証契約本店営業部海外進出支援グループMAXIPOWER(HOLDINGS)CO.,LTD. ㈱マックスパワー香 港直接ご融資情報共有(海外ネットワーク)情報連絡日 本 地域経済の発展に不可欠である地元企業の活性化に向け、業績不振のお取引先への経営改善支援を、専担部署である審査部経営支援グループを中心に、本部と営業店が一体となって積極的に取り組んでいます。 島根県、鳥取県の中小企業再生支援協議会とも連携し、事業再生についての案件の持込や再生計画の策定を行っています。 DDSを経営改善支援の取り組みにおける重要な再生手法の一つと捉え、中小企業の再生支援の強化を図り、ひいては地域の再生・地域経済の活性化につなげていきます。 経営改善支援先を随時見直し、個別企業の実態に即した経営支援活動を実施しています。 経営改善支援先と現状認識の共有化を図り、外部専門家と連携を図りながら経営改善計画策定・実行を支援しています。■中小企業再生支援協議会の活用■デット・デット・スワップ(DDS)の取り組み■経営改善支援先の債務者区分改善状況(平成27年4月~平成27年9月)経営改善・事業再生・業種転換等の支援【持込案件数】【DDS取組実績】平成27年度中間期平成26年度島根県3件22件鳥取県5件8件平成27年度中間期平成26年度3件3件経営改善支援先の債務者区分改善状況 (平成27年4月~平成27年9月) (単位:先)期初債務者数A(平成27年3月末)経営改善支援取組率=α/Aランクアップうち経営改善率=β/α支援取組先 ααのうち期末に債務者区分がランクアップした先数 βαのうち期末に債務者区分が変化しなかった先数 γ正常先10,572 3 - 3 0.0% -要注意先うちその他要注意先2,784 170 11 156 6.1% 6.4%うち要管理先128 25 3 21 19.5% 12.0%破綻懸念先537 28 2 25 5.2% 7.1%実質破綻先241 8 - 8 3.3% 0.0%破綻先24 - - - - -