ブックタイトル2015山陰合同銀行中間期ディスクロージャー誌

ページ
11/88

このページは 2015山陰合同銀行中間期ディスクロージャー誌 の電子ブックに掲載されている11ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

ごうぎんのディスクロージャー誌は、ごうぎんの決算や活動内容にて皆様に知っていただくために作成しています

SAN-IN GODO BANK 9取引深耕設備投資融資、ビジネスマッチング成約【事業支援サービス】【経営課題・ニーズ】相談役から社長への事業承継外貨建てでの資金調達タイ事務所開設新本社工場設立企業価値向上新本社工場設立に伴い新規雇用拡大お取引先のビジネスを理解し、経営課題・ニーズを共有。課題に応じた様々な事業支援サービスにより、お取引先の成長をサポート!「1人1社運動」とは?法人のお客様を担当する営業店の行員1人ひとりが、担当するお取引先の中の1社について、実態をより深く把握し、経営課題やニーズの共有、提案、フォロー等の事業支援活動を行う運動。この運動を通じて、行員のスキルアップを図るとともに、すべてのお取引先に対する事業支援活動をさらに強化します。取組事例 平成27年1月1日、大学発のベンチャービジネスを資金、経営面でサポートする「大学発・産学連携ファンド」を設立しました。このファンドは、鳥取大学、島根大学が保有する特許などの知的財産や研究成果を活用したベンチャービジネスに対して投資を行います。ファンドの運営には、外部専門家を招へいすることにより、ベンチャービジネスに対する目利き力を高め、事業化をしっかりサポートしていきます。 中期経営計画の施策の一つとして、当行とお取引先が一緒になって「1人1社運動」に取り組んでいます。 お取引先との信頼関係を構築し、課題解決をお手伝いすることによりお取引先の付加価値向上を実現し、地域の経済・産業活動を支えながら、地域とともに当行も成長・発展していく好循環を目指します。■ 1人1社運動の取り組み■ 大学発・産学連携ファンドの設立成長段階における支援※REVICキャピタルは株式会社地域経済活性化支援機構のファンド運営を行う子会社です。出資経営指導地域経済の活性化新産業の創出地元企業など島根大学しまね大学発・産学連携投資事業有限責任組合起業家新事業進出特許・知的財産運営ごうぎんキャピタルREVICキャピタル(※)出資山陰合同銀行経営指導出資人材得意分野起業雇用の創出大学発 ベンチャー企業地元企業など鳥取大学とっとり大学発・産学連携投資事業有限責任組合起業家新事業進出特許・知的財産運営ごうぎんキャピタルREVICキャピタル(※)出資人材得意分野起業大学発 ベンチャー企業事業承継海外進出新規設備投資当行の外部ネットワークを活用し、コンサルタント導入をご提案融資および出資資金調達方法のアドバイス当行バンコク駐在員事務所を通じて現地情報を提供鳥取営業部経営課題・ニーズ共有㈱ササヤマ