ブックタイトル2015山陰合同銀行ディスクロージャー誌 資料編

ページ
9/122

このページは 2015山陰合同銀行ディスクロージャー誌 資料編 の電子ブックに掲載されている9ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

ごうぎんのディスクロージャー誌は、ごうぎんの決算や活動内容にて皆様に知っていただくために作成しています

地域経済の発展に不可欠である地元企業の活性化に向け、業績不振のお取引先への経営改善支援を、専担部署である審査部経営支援グループを中心に、本部と営業店とが一体となって積極的に取り組んでいます。経営改善支援先の債務者区分改善状況(平成26年4月?平成27年3月)要注意先期初債務者数A(平成26年3月末)うち経営改善支援取組先ααのうち期末に債務者区分がランクアップした先数β(単位:先)αのうち期末に債務者区分が変化しなかった先数γ経営改善支援取組率=α/Aランクアップ率=β/α正常先10,192――0.0%うちその他要注意先2,893158141405.4%8.8%うち要管理先13727101619.7%37.0%破綻懸念先601413356.8%7.3%実質破綻先2885131.7%20.0%破綻先311―1合計14,142232281951.6%12.0%地域の活性化に関する取り組み状況J-クレジット普及促進への取り組みJ?クレジットの活用によるお取引先の企業価値向上につながる取り組みを提案しています。全国でも珍しい鳥取県独自の「J?クレジット地域コーディネーター制度」の創設に積極的に関与し、J?クレジットの普及促進を支援しています。当行が仲介したJ-クレジット販売量(平成27年3月末現在)885t-co2地方創生の推進当行では、地方自治体の「地方創生」の取り組みにごうぎんグループとして積極的に参画し協力していくために「地方創生推進プロジェクトチーム」を設置しています。地方創生推進プロジェクトチームの設置地方創生推進プロジェクトチーム統括責任者コーポレートデータ連結情報単体情報地方創生推進プロジェクトチーム推進責任者営業統括部地域振興部経営企画部山陰経済経営研究所商品企画グループ地域振興グループ〈商品・サービス企画〉〈事務局〉〈地元企業への事業支援〉〈広報・関連会社調整〉・地公体本部窓口・支援企画統括・外部連携統括リレバンサポート室海外進出支援グループ企画グループ営業店〈情報収集、事業支援、情報提供、戦略策定委員会参画〉関連会社担当部長〈〉情報提供、施策提案、戦略策定支援自己資本の充実等の状況※「中小企業の経営の改善及び地域の活性化のための取組の状況」につきましては上記のほか、2015ディスクロージャー誌<別冊情報編>にも関連事項を掲載しています。ご参照ください。7