ブックタイトル2015山陰合同銀行ディスクロージャー誌 資料編

ページ
40/122

このページは 2015山陰合同銀行ディスクロージャー誌 資料編 の電子ブックに掲載されている40ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

ごうぎんのディスクロージャー誌は、ごうぎんの決算や活動内容にて皆様に知っていただくために作成しています

連結財務諸表(注4)借用金及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額(単位:百万円)1年以内1年超3年以内3年超5年以内5年超7年以内7年超10年以内10年超預金(*) 3,198,196 535,215 44,354―――債券貸借取引受入担保金157,220―――――借用金83,091 58,080 196,464―――合計3,438,508593,295240,818―――(*)預金のうち、要求払預金については、「1年以内」に含めて記載しております。(退職給付関係)1.採用している退職給付制度の概要当行は、従業員の退職給付に充てるため、積立型、非積立型の確定給付制度及び確定拠出制度を採用しております。確定給付企業年金制度(すべて積立型制度)では、給与と勤務期間に基づいた一時金又は年金を支給しております。確定給付企業年金制度にキャッシュ・バランス・プランを導入しており、当該制度では、加入者ごとに積立額及び年金額の原資に相当する仮想個人口座を設けております。仮想個人口座には、10年国債応募者利回りの動向に基づく利息クレジットと、給与水準に基づく拠出クレジットを累積しております。退職一時金(すべて非積立型制度)では、退職給付として、給与と勤務期間に基づいた一時金を支給しております。なお、一部の連結子会社が有する退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付費用を計算しております。2.確定給付制度(1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表区分金額(百万円)退職給付債務の期首残高35,810会計方針の変更に伴う累積的影響額3,241会計方針の変更を反映した当期首残高39,052勤務費用798利息費用518数理計算上の差異の発生額2,194退職給付の支払額△1,992過去勤務費用の発生額―その他―退職給付債務の期末残高40,571(2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表区分金額(百万円)年金資産の期首残高23,958期待運用収益838数理計算上の差異の発生額546事業主からの拠出額4,859退職給付の支払額△1,226その他1年金資産の期末残高28,977(3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資産の調整表区分金額(百万円)積立型制度の退職給付債務29,905年金資産△28,977928非積立型制度の退職給付債務10,665連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額11,594区分金額(百万円)退職給付に係る負債11,594退職給付に係る資産―連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額11,594(4)退職給付費用及びその内訳項目の金額区分金額(百万円)勤務費用798利息費用518期待運用収益△838数理計算上の差異の費用処理額1,176過去勤務費用の費用処理額△51その他△1確定給付制度に係る退職給付費用1,602(5)退職給付に係る調整額退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。区分金額(百万円)過去勤務費用△51数理計算上の差異△471その他―合計△522(6)退職給付に係る調整累計額退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。区分金額(百万円)未認識過去勤務費用433未認識数理計算上の差異△7,359その他―合計△6,92538