ブックタイトル2015山陰合同銀行ディスクロージャー誌 資料編

ページ
15/122

このページは 2015山陰合同銀行ディスクロージャー誌 資料編 の電子ブックに掲載されている15ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

ごうぎんのディスクロージャー誌は、ごうぎんの決算や活動内容にて皆様に知っていただくために作成しています

金融円滑化管理態勢金融円滑化管理態勢の概要中小企業金融円滑化法は、平成25年3月末に終了しましたが、資金を円滑に供給していくことは、金融機関にとって最も重要な使命です。当行では、中小企業者等(中小企業者及び住宅資金借入者)のお客さまに対する円滑な資金供給を図るとともに、より一層のコンサルティング機能を発揮していくために、「中小企業金融円滑化の基本方針」を定めて、お客さまのご相談・申込みに的確に対応するための態勢を整備しています。中小企業金融円滑化の基本方針(1)中小企業者のお客さまに対する信用供与については、お客さまの特性及びその事業の状況を勘案しつつ、できる限り柔軟にこれを行います。(2)中小企業者等のお客さまから債務の弁済に係る負担の軽減に関する申込みがあった場合には、中小企業者のお客さまについては当該事業についての改善または再生の可能性その他の状況、住宅資金借入者のお客さまについては当該個人の財産及び収入の状況を勘案しつつ、できる限り債務の弁済に係る負担を軽減するために必要な措置をとります。(3)「経営者保証に関するガイドライン」に基づく対応を適切に行います。(4)中小企業者等のお客さまに対する金融円滑化を図るため、他の金融機関、政府系金融機関、信用保証協会、外部専門家、外部機関等と緊密な連携を図ります。(5)中小企業者等のお客さまに対する金融円滑化を図るためコンサルティング機能を発揮し、お客さまの経営課題を把握・分析した上で事業の持続可能性等を慎重に見極めます。適切な助言などにより中小企業者等のお客さま自身の課題認識を深めていただくよう主体的な取り組みを支援し、同時に、最適なソリューション(経営課題を解決するための方策)を提案・実行します。(6)中小企業者等のお客さまに対する金融円滑化への取り組みについて、行職員のモチベーションの向上に資するよう、営業店等の業績評価や行職員の業務上の評価に適正に反映させます。コーポレートデータ中小企業金融円滑化の管理体制について当行では、以下の金融円滑化管理体制を整備し、お客さまのご要望に速やかに対応するとともに、対応状況の適切性について検証する体制を構築しています。監査役取締役会経営執行会議対応指示協議・報告金融円滑化管理委員会金融円滑化管理統括責任者対応指示協議・報告【本部】報告連結情報単体情報お客様サービス部(カスタマーセンター)報告人事部営業統括部経営企画部審査部(事業性資金)総合事務部お客様サービス部(住宅資金)監査苦情等の報告協議・報告対応指示対応状況の点検経営改善等の支援【営業店】金融円滑化営業店責任者金融円滑化対応責任者対応状況の点検監査監査部苦情等苦情等金融円滑化フリーダイヤル金融円滑化相談窓口相談・申込み中小企業者のお客さま条件変更・経営指導等住宅ローン相談窓口相談・申込み条件変更住宅ローンご利用のお客さま金融円滑化に関連した苦情・要望ならびに一般的なご照会については、「金融円滑化フリーダイヤル」でお受けしています。<金融円滑化に関する苦情相談および一般的な照会窓口>カスタマーセンター「金融円滑化フリーダイヤル」電話番号(フリーダイヤル):0120-315180受付時間:平日9:00?17:00苦情等(平成27年7月1日現在)自己資本の充実等の状況13