ブックタイトル2015山陰合同銀行ディスクロージャー誌 情報編

ページ
9/50

このページは 2015山陰合同銀行ディスクロージャー誌 情報編 の電子ブックに掲載されている9ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

ごうぎんのディスクロージャー誌は、ごうぎんの決算や活動内容にて皆様に知っていただくために作成しています

主要勘定の状況(有価証券)有価証券運用は安全性・流動性を重視。その他有価証券の評価損益は+936億円。有価証券(期末残高)1兆7,573億円(億円)20,00015,00015,97616,28917,573(前期末比1,283億円増加)10,000市場動向や投資環境を勘案し、引き続き安全性・流動性を重視した投資に努めた結果、前期末比1,283億円増加の1兆7,573億円となりました。5,0000H25/3 H26/3 H27/3有価証券の種類別構成比(H27/3)国債54.4 %期末時点の有価証券ポートフォリオの状況は、国債が54.4%、地方債が12.8%、株式が3.5%となっています。(億円)株式3.5%620地方債12.8%2,264その他29.0%5,113国債54.4%9,574その他有価証券の評価損益(H27/3) (億円)評価損益評価益評価損936億円株式219 222 2債券522 523 0その他194 196 1有価証券のうち、満期保有目的の債券や子会社株式・関連会社株式などを除いた「その他有価証券」について、期末時点で936億円の評価損益(含み益)を有しています。合計936 941 47