ブックタイトル2015山陰合同銀行ディスクロージャー誌 情報編

ページ
27/50

このページは 2015山陰合同銀行ディスクロージャー誌 情報編 の電子ブックに掲載されている27ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

ごうぎんのディスクロージャー誌は、ごうぎんの決算や活動内容にて皆様に知っていただくために作成しています

確定拠出年金・事業承継サポートさまざまな経営課題の解決をサポートします。退職給付コスト安定化と福利厚生の充実に「確定拠出年金(企業型)」■退職金・企業年金の問題解決への取り組み多くの企業にとって、退職給付コストは重要な経営課題の一つです。当行では企業の永続的存続、地元企業に勤務する従業員の老後の生活基盤を守る観点からお取引先企業に対し、確定拠出年金(企業型)を中心とした退職金・企業年金制度全般にわたるコンサルティングを実施しています。■確定拠出年金(企業型)導入のメリット導入企業?退職給付コスト(拠出金)の平準化?拠出金は全額損金算入の対象?退職給付債務の削減?従業員の老後生活の自助努力支援■確定拠出年金(企業型)への制度変更の動き退職一時金・従業員の退職時に現金が必要。・内部留保の引当ては損金効果なし。確定給付年金・運用実績に応じて、「掛金見直し」や「引当金の増減」など財務に影響を与える。確定拠出年金従業員?企業年金(退職金)の原資確保?転職時、年金資産の持ち運びが可能?運用益に対して非課税?常時、自身の資産残高が把握可能で透明性が高い?マッチング拠出の活用による資産形成厚生年金基金法改正により制度が縮小・廃止の方向。企業の存続と発展のための「事業承継サポート」■事業承継の取り組み当行では、事業承継問題の出口である「親族への承継」「役員等への承継」「M&Aによる他社への譲渡」「株式公開」などに関するご相談に対して、専門的なノウハウを用いて積極的に対応しています。なかでも、M&Aについては、永年にわたるアドバイザリー業務の実績があり、培われたノウハウによって、地域経済の活性化やお客様のさらなる発展につながるM&Aアドバイザリー業務を提供しています。また、事業承継をテーマとした経営戦略セミナーや専門家による個別相談会を定期的に開催し、お客様への積極的な情報提供を行っています。平成26年度実績事業承継相談件数M&A相談・支援件数株式公開・支援件数448件148件2件25