ブックタイトル2015山陰合同銀行ディスクロージャー誌 情報編

ページ
19/50

このページは 2015山陰合同銀行ディスクロージャー誌 情報編 の電子ブックに掲載されている19ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

ごうぎんのディスクロージャー誌は、ごうぎんの決算や活動内容にて皆様に知っていただくために作成しています

大学発・産学連携ファンドの設立平成27年1月1日に大学発のベンチャービジネスを資金、経営面でサポートすることを目的に、大学発・産学連携ファンド(名称:「とっとり大学発・産学連携投資事業有限責任組合」および「しまね大学発・産学連携投資事業有限責任組合」、以下「ファンド」という。)を設立しました。このファンドは鳥取大学、島根大学が保有する特許などの知的財産や研究成果を活用したベンチャービジネスに対して投資を行います。ファンドの運営には、外部専門家を招聘することによって、ベンチャービジネスに対する目利き力を高め、事業化をしっかりサポートしてまいります。また、ファンド設立にあわせ、産学の協力関係を一層深めるため、鳥取大学、島根大学と「大学発ベンチャー等支援に関する協力協定書」を締結いたしました。当行は鳥取大学、島根大学と共に、やる気のある経営者や新たなビジネスに挑戦する起業家にチャンスを提供し、地域で新たな事業、産業を創造し、雇用の創出、地域経済の活性化を目指してまいります。国立大学法人鳥取大学との「大学発ベンチャー等支援に関する協力協定書」調印式(平成26年12月11日)国立大学法人島根大学との「大学発ベンチャー等支援に関する協力協定書」締結式(平成26年12月19日)地域経済の活性化新産業の創出雇用の創出地元企業など起業家地元企業など起業家新事業進出得意分野起業新事業進出得意分野起業大学発ベンチャー企業大学発ベンチャー企業特許・知的財産島根大学出資経営指導出資経営指導特許・知的財産鳥取大学しまね大学発・産学連携投資事業有限責任組合とっとり大学発・産学連携投資事業有限責任組合運営ごうぎんキャピタルREVICキャピタル(※)運営ごうぎんキャピタルREVICキャピタル(※)出資人材出資人材山陰合同銀行※REVICキャピタルは株式会社地域経済活性化支援機構のファンド運営を行う子会社です。【ファンドの概要】しまね大学発・産学連携投資事業有限責任組合とっとり大学発・産学連携投資事業有限責任組合ファンド総額10億2,000万円10億2,000万円投資対象①島根大学の研究シーズを基にした起業②島根大学の研究シーズを技術移転し事業化を図る既存企業①鳥取大学の研究シーズを基にした起業②鳥取大学の研究シーズを技術移転し事業化を図る既存企業設立日平成27年1月1日平成27年1月1日存続期間設立日より7年6ヶ月(期限:平成34年6月30日)設立日より7年6ヶ月(期限:平成34年6月30日)出資者山陰合同銀行ごうぎんキャピタルREVICキャピタル山陰合同銀行ごうぎんキャピタルREVICキャピタルファンド運営者ごうぎんキャピタルREVICキャピタルごうぎんキャピタルREVICキャピタル17